練習問題6−C

     CONTENTS

T. この国は小国であると仮定する。

この国のミカンの需要関数は

D=40−P (Pは価格、Dは需要量)

供給関数は

S=2P−20 (Pは価格、Dは供給量)

であるとする。

(1) 貿易が禁止されているとすると、国内均衡での価格、需給量はいくらになるか求めよ。

(2) 貿易が禁止されているとすると、消費者余剰、生産者余剰、総余剰は
それぞれいくらになるか求めよ。

(3) 貿易が自由であるとする。ミカンの国際価格が30であるとすると、
国内の消費者余剰、生産者余剰、総余剰はそれぞれいくらになるか求めよ。

(4) 設問(3)に沿うと、この国はミカンの輸入国、輸出国のどちらになるか答えよ。

(5) 設問(3)に沿うと、貿易を禁止することで生まれる死荷重はいくらになるか求めよ。


[解答]

(1) 均衡では P=S が成立する。

40−P=2P−20 ⇒ P=20 これが均衡価格、

これを需要関数(または供給関数)に代入すると

S=D=20 これが均衡需給量である。


(2)需要曲線と供給曲線をそれぞれ変形すると

需要曲線 P=40−D

供給曲線 P=10+(1/2)S

であり、これらをグラフ化すると以下のようになる。


↑この図の水色の面積が消費者余剰、

紫色の面積が生産者余剰なのでそれぞれ求めると

(消費者余剰)= 20×20×(1/2)= 200

(生産者余剰)= 20×10×(1/2)= 100

さらに

(総余剰)= 200+100= 300 である。


(3) ミカンの国際価格を30としてグラフを描くと以下のようになる。

↑この図の水色の面積が国内の消費者余剰、

紫色の面積が国内の生産者余剰なのでそれぞれ求めると

(消費者余剰)= 10×10×(1/2)= 50

(生産者余剰)= 20×40×(1/2)= 400

さらに

(総余剰)= 50+400= 450 である。


(4) (国際価格)>(国内均衡価格) であるので

この国はミカンの輸出国になると考えられる。

※具体的に設問(3)ではミカンを30輸出している。
価格が30のとき、国内企業の供給は40に対し国内需要は10であるので
残り30を海外に輸出する。


(5) 貿易自由時の総余剰は 450

貿易禁止時の総余剰は300

であるので、その差が貿易禁止をすることによって発生する死荷重であり、その大きさは

450−300= 150 である。



CONTENTS

inserted by FC2 system