講義18. シフトと均衡@

     BACK
     CONTENTS

さて。今回は

「曲線がシフトすると均衡にどういう影響がでるか?」

ということについて見ていきます♪^ー^


まず、一つの図を復習!

図18−1
パン市場
mikuro18-1.jpg

とりあえずE点が均衡点で、

均衡価格は100円 均衡需給量は100コですね☆^〜^


さて、この図を基本にして見ていきますが、

とりあえず最初に変化の方法を決めておきます。

「他の条件は一定にして」何かを一つ変化

とりあえずこれはもう決定♪^▽^


で、変化させるものは、今回は

嗜好(しこう)=人々の好き嫌い

ということにしておきますね。^_^

さてさて、この場合2種類の変化が考えられますね。

「パンの好きな人が増えた」

「パンの嫌いな人が増えた」

この二つの場合をグラフにして見ていきます♪^ー^

図18−2
mikuro18-2.jpg

パン好きが増えれば、同じ値段でも買う人が増えますから右上シフト

パン嫌いが増えたら左下シフトします。

さて結果は???^_^:

ま、これは図を見れば簡単にわかるのですが、

「パン好き増」→ 価格上がり、取引量も増える♪^▽^

「パン嫌い増」→ 価格下がり、取引量も減る・・・。T_T


さてさて、需要曲線が右にシフトするか左にシフトするか、

これでかなりの違いが出る
ことはわかりましたね。^_^:

ところで、需要曲線が左下にシフトする、という状態、

実はこれって今の日本で全体的に起こっていることです。T_T

「取引量が減って価格も下がる」

これっていま日本で叫ばれている『デフレ』 の本質ですね。^_^:

経済の規模が小さくなっていって、 企業の収入も減っていく、

となると従業員の給料も減っていって、さらに 需要曲線が左シフト・・・。

まさにデフレスパイラルです。。。。T_T


と、話がそれてしまうといけないので今回はここまで!

次回は「供給曲線のシフト」の側を見ていきましょう♪^ー^


BACK   CONTENTS   NEXT

inserted by FC2 system